赤ちゃん連れコンサートを企画してます。赤ちゃんを授かった時から、その喜びを産まれたあとも感じながら、赤ちゃんと一緒にサロン・コンサートにお出かけしましょう♪http://plaza.rakuten.co.jp/sakuranoma/


by babyconcert

赤ちゃんと寄り添って・・・の生い立ち

初めまして。


「赤ちゃんと寄り添って聴くサロン・コンサート」の代表の桜のママです。

5歳と2歳の女児のママです。

私は父がちいさい時に、日フィルのコンサートのステージマネージャーを
していました。大きなホールや、軽井沢のサマーコンサートなど、
とにかくオーケストラのみなさんの練習風景や、本番をかなり見る機会も
あり、生の楽器の音と音楽に触れ親しんでいました。
残念ながら、ピアノや管楽器の演奏はあまりご縁がなかったのか
今は演奏はしません。


さて、5年前から、ほそぼそとサロン・コンサートを企画してきました。
それは、赤ちゃんを抱っこして、生のコンサートに行きたいという
自分の「わがまま」があったからです。

コンサートを繰り返して企画するうちに
今年の夏に、一度、もうそろそろ企画をやめようか?と思いましたが

離れてみて、やはりサロン・コンサートは継続すべきと思い、また

ブログも、子育てサロン・ナチュラーレのブログからも別建てにして

統一性を持たせたいと思います。


私がいつも思うのは、あの子供を授かって、それから思ったとおりの赤ちゃんを自分が
抱っこしているその温かい気持ち。

抱っこしてゆらゆらさせていると自分も温かいお母さんのおなかの中にいるような気持ちに
なります。

やわらくて、気持ちいい、そんな感じで、クラシック音楽を聴きたい。

何にも束縛されないで、自由に、そして音に感動したい。



最初に出会ったのは、ポプラ社の企画する絵本の読み聞かせのショーでした。

そこで赤ちゃん達が走り回りながらも、音楽を聴いていて、ちいさいこはお母さんの
胸に抱かれてゆらゆらしていました。


その自由さにまずは感動しました。しつけがなってないとか、外見のことではなくて
みんなそれぞれ、ピアノやヴァイオリンの音を聴いていました。


走り回っていた子供もちゃんと音が耳に入っていましたよ。


もちろん、怪我したり、ほかのこに迷惑がかからない程度ですが、
気持ちのよい空間でした。


そして、読み聞かせの志茂田隊長が、声をかけるとちゃんとみんなお座りして
聴いていました。


ちいさい0歳の子でも1歳2歳の子でも、音楽を聴くと、自然と体が反応します。


0歳のまだお座りしたばかりの子が、おしりでリズムをとる姿を

想像できますか?とてもかわいいです。


赤ちゃんが好きな音楽は、リズムカルなもの、そしてゆったりしたもの。

低音が好きな子もいます。


そして、音楽が止まると、「え~おわっちゃうの?」と泣き出します。





ちいさなうちから、クラシックや生の音楽に触れていると、本当に
大きくなってもその音楽を聴くと思い出して懐かしい気持ちに
なるでしょう。

ぜひちいさい頃から生の音楽に触れる機会を持ってみてくださいね。



このブログでは、私の主催するコンサート以外にもお勧めの企画を
載せていきたいと思います。リンクはフリーです。

よろしくお願いします。
[PR]
by babyconcert | 2010-11-12 00:13 | 主催者の紹介